2014年2月6日

ギフトショーのゼスト様ブースにお邪魔してきました

バイキング時代の中世の剣、貴族が持っていたであろう
装飾品でキラキラの剣(ツルギ)、勿論日本の名刀の数々、
模造品ではあるけどずっしりと重く、名のある名刀のままの
波紋まで再現してあるあたり・・・う~ん 流石です!!
そんなゼスト様からギフトショーの招待状を頂きまして
大喜びで行ってまいりました。
良かったですよ。海外からの取材中でした。世界に羽ばたく
ゼスト様ですね(^^)

DSC_0090 DSC_0091

ゼスト様はこちら

2013年8月20日

商品撮影館のミニハウススタジオがオープン!!

当社3階にハウススタジオが出現!!
http://www.satsueikan.com/kan-studio/house-studio.html
窓辺での自然光を生かした撮影や真上からの床面に商品を置いての撮影、白い壁に絵画を飾ったり、背景を利用してのモデル撮影も可能です。
是非、一度お試しください

2011年7月14日

宮内庁御用達の宮本商行様の額・カトラリー等の撮影

宮本商行様のカトラリーや額、アクセサリー兜の置物の銀製品を撮影しました。 

宮本商行様はこちらから

2010年1月18日

オンライン商事様の墨絵・タイルの撮影

「今回は絵とタイルの撮影をお願いしたい」 隊員Nの頭の中は絵画(当然額縁)とお風呂用タイルだったのですが、当日ビックリ!! 絵は床の間に飾るかのような見事な竜の墨絵でタイルはズッシリと重くて大きなものでした。  急遽壁を作り絵を張っての撮影で対処いたしました。 それがこれです  (^-^)

100118_OL002.jpg

株式会社オンライン商事様

2010年1月15日

新NPO法人 日本エコロニクス協会様の本・勲章ページ撮影

新NPO法人 日本エコロニクス協会(NEK) 様のお電話は優しい語り口で、辞典のような背表紙がある厚めな本と中身の頁をとって欲しいとのことでした。 当日撮影を見学したいと6名でいらっしゃって、広いとは言えないスタジオがメチャ狭くなってしまいました。 皆さん窮屈な思いをさせてしまったんじゃないでしょうか? 恐縮です。 撮影は印刷用にお使いとのことでしたので、お持ちいただいた本をレイアウトを考慮して縦型に1カット、中身の頁は叙勲の勲章が写っている写真を正確に曲がり無しに撮影することに集中いたしました。 たまにこんな頁撮影のご依頼を受けることがあります (^-^)

BL_TK086.jpg BL_TK084.jpg

新NPO法人 日本エコロニクス協会様はこちらから

2009年11月19日

チャナカンパニー様のハンガーイメージ撮影

渋谷のお店はハンガーがいっぱいありました~。 そりゃそうですネ  ハンガーの会社です。 チャナカンパニーさんのハンガーはアパレル関係に絶大の人気があるらしく、取引先を撮影の合い間に伺ったら有名処の名前が次々と出てきて「うわっ!!」でした。

今回はカレンダー用の撮影も兼ねてです。  カレンダーは当社の商品「カレンダー館」をご利用いただきまして、商品撮影館で撮りましたハンガーの写真を入れてオリジナルカレンダーを納品させていただきました。  ありがとうございました。

091119_CN001.jpg 091119_CN003.jpg 091119_CN009.jpg

ャナカンパニーさんのHPはこちら

2009年10月26日

パラマウントベッド様のベッドの模型撮影

Filed under: イメージ撮影,商品撮影,木工品・工芸品 — admin @ 6:59 PM

ベッドの模型といっても、そこはパラマウントベッド様!! カラクリが効いているベッドで製作者も社員様です。  すごく細やかに制作してあってさすが!と思いましたね  (^。^;)   写真は看護婦さんが注射をしようとすると患者さんの顔が動く仕掛けになっていました。

091026_PB001.jpg

パラマウントベッド株式会社様のHPはこちら

2008年11月6日

ヤマト工芸様のダストボックス撮影

Filed under: 商品撮影,家具,木工品・工芸品 — admin @ 11:59 AM

木製雑貨のヤマト工芸様の撮影はご担当の方との丁寧なお電話やメールのやりとりから始まりました。  ご担当さまも木のぬくもりを感じさせてくれる素敵な印象の方でした。

081106_YK001.jpg 081106_YK002.jpg

撮影するダストボックスは福井県にあるヤマト工芸様の工房から段ボウルに入れられ撮影指示シートと共にやってきました。 実に分かりやすい指示を書いて下さっていて、遠方の方でも撮影できますの当社のコンセプトが見事に生かされていて嬉しかったです。

こんな暖かいぬくもりを感じさせてくれるダストボックス・・・あまりに素敵でもったいないな~なんて思ってしまいました。  でも、使ってこそ道具は生きるんですもんね(^^)

株式会社ヤマト工芸様のHPはこちら

ヤマト工芸様の木のぬくもりに触れてください

HTML convert time: 0.846 sec. Powered by WordPress ME