週刊デジタブル12号 RAW現像ソフトSILKYPIXの紹介 シルキーピッ クスの特徴 カラーモード

2月 22nd, 2015

週刊DIGITABLE 第12号
20150220RAW現像ソフトSILKYPIXの4回シリーズ。今週はSILKYPIXのフィルム­シュミレーション色などのカラーモードについて紹介します。デジタブル

 

デジタブル第80回記念勉強会の予告ビデオ

11月 2nd, 2014

デジタブルでは8周年の記念行事として、11月15日に森下文化センターで一般公開の記念勉強会を開催します
午前中には基調講演及び会員代表による発表、午後にはPENTAXのリコーイメージング、SILKYPIXの市川ソフトラボラトリー、プリンターでおなじみのエプソン販売の三社をお招きして、公開技術セミナーを開催します

デジタブル写真技術研究会の8周年記念勉強会「DIGITABLE 2014 Excite」

11月 1st, 2014

デジタブル写真技術研究会の8周年展及び、第80回記念勉強会“DIGITABLE ーこれからの写真フロー”を開催します。

 2007年2月に創設以来、毎月開催されてきたデジタブルの8周年を記念しての発表会 で、通常の作品の展示にとどまらず、それぞれのテーマでのユニークな研究発表も展示されます。 最終日の11月15日(土)は80回目の記念勉強会として、基調講演及びメーカー三社のご協力を いただいて最新のデジタル写真技術セミナーを開催します。 (参加費無料)

131116_DGHR033 DIGITABLE_Ex2013_02_404

 

 

 

 

 

 

デジタブル写真技術研究会8周年展「DIGITABLE 2014 Excite」

2014年11月9日(日)~11月15日(土) 9:00~20:00 (初日12:00~/最終日~17:30) ※会期中無休

第80回記念勉強会“DIGITABLE ーこれからの写真フロー”

2014年11月15日(土) 午前の部:10:00~12:00 DIGITABLE会員による発表・基調講演

午後の部:13:00~17:00 協力企業によるセミナー

○リコーイメージング株式会社 PENTAX645Z、K-3を中心とした技術セミナー

○株式会社市川ソフトラボラトリー SILKYPIXによる画像調整技術セミナー

○エプソン販売株式会社 EPSONプリンターを使用したプリント技術セミナー

(参加費無料/先着順:定員100名)

お申し込みは↓ http://www.digitable.info/

SILKYPIXの概要

10月 18th, 2014

DIGITABLE記念勉強会を前に、市川ソフトラボラトリーの現像ソフト、SILKYPIXの概要について説明。
デジタブルでは、11月15日に8周年の記念勉強会として、
同社を始めPENTAXの­リコーイメージング、エプソン販売の三社をお招きして、
公開技術セミナーを開催します­。その予習をかねて、SILKYPIXのおさらいをします。

Silkypix(シルキーピックス=以下同様)は市川ソフトラボラトリーによる純国産のRAW(ロー)現像ソフトで、使いやすさと美しい仕上がりには定評があります。
RAWソフト共通の非破壊編集(ひはかいへんしゅう)方式で、調整後もオリジナルのRAW データはそのまま残されますので安心、しかもJPEG やTIF(ジエイペグやティフ)データに対してもRAWと同様の感覚で、調整が行えるのが特徴です…

10月の実際の講座の中では、これらの基本操作に加え、黒レベルやガンマの操作による、SILKYPIX独自のトーンコントロールについても詳しく解説する予定です

お問合せは
www.digitable.info

色相彩度と特定色域の選択

9月 1st, 2014

9月のデジタブルでは、Photoshopでの色相彩度と特定色域の選択について詳しく勉強したいと思います。
Photoshopでの色調の調整には、色相彩度が一般的ですが、それを補完するような形で特定色域の選択という調整項目があります。プリントや出力時の完成度を高めるためにはたいへん便利な機能です。
どちらもトーンカーブなど同じく、調整レイヤー上で使用すれば、その間は非破壊編集として気に入るまで何度でも調整を繰り返すことができます。

色相彩度をマスターすることによって、さまざまなイメージ表現が可能になり、また特定色域の選択ではそれらを再現する幅が広がります。

実際の講座の中では、両方の特徴を比べながら、特に通常難しいと言われる、木々の緑や肌色の再現などについても詳しく見ていきたいと思います

お問合せは
www.digitable.info

調整レイヤーしくみ

7月 2nd, 2014

Photoshopでの画像の明暗や色調の調整には、トーンカーブや色相彩度などの調整コマンドを直接画像に適用するよりも、調整レイヤー利用して行うことがよりbetterです。直接適用するのは1回ごとに後戻りが出来なくなりますが、調整レイヤーを利用すれば気に入るまで何度でも再調整を繰り返すことができ、またその度に画像を痛めることも防げるのです。(TL:非破壊編集)
さらに調整レイヤー適用の効果や、レイヤーマスクなどを使いこな すことによって、部分的な補正を行うことも可能になります

このように調整レイヤーの仕組みを理解し、マスク操作を組み合わ せることによって、さまざまな表現が可能になります。Photoshopを使用した画像調整の醍醐味ともいえます。
実際の講座の中では、この他にもさまざまな調整レイヤー上の各メ ニューや、レイヤーマスクの作り方について詳しく見ていきたいと 思います

お問合せは
www.digitable.info

トーンカーブの調整

6月 1st, 2014

Photoshopでの色と階調の調整は[トーンカーブ]を使うのが王道です
初心者には他の調整メニューを利用した方が分かり易い場合もありますが、トーンカーブ一つで、ほぼすべての階調操作を行うことができるので、画像調整の仕組みを理解するにも好適といえます。
まずは階調補正の代表的な例を詳しく見ていきましょう

このようにコンポジットチャンネルと各色チャンネルの補正を組み合わせることにより、かなり大幅な補正も可能にするのが、トーンカーブ調整の醍醐味ともいえます。
実際の講座の中では、この他にもさまざまなパターンの階調補正に加え、やっかいな色かぶりやホワイトバランスの調整、お仕事や作品作りのヒントになる画像の一部の色替えについても、トーンカーブを使って詳しく見ていきたいと思います

 

お問合せは
www.digitable.info

「明るさの調整」 PhotoshopとElements、Lightroomを比較しながら

5月 1st, 2014

、画像調整の第一歩として「明るさの調整」について、
Photoshopでのレベル補正とトーンカーブ補正を中心に分かり易くお話ししたいと思います
また最近ユーザの増えてきたPhotoshop Elements、Lightroomとの特徴を比較しながら見ていきたいと思います

このようにレベル補正で出来ることは全てトーンカーブも調整可能で、
また調整の自由度も仕上がりもははるかに上の結果を目指せますので、
Photosopではなるべく初めからトーンカーブで補正できるよう慣れた方ががよいでしょう

実際の講座の中では、Photosop以外にもElementsやLightroomと比較しながら分かり易く話を進めていきたいと思います

お問合せは
www.digitable.info

「デジタルフォトの基本概念」 デジタルカメラの画像生成とデジタル写真のフロー

4月 1st, 2014

新年度開始のプログラムとして「デジタルフォトの基本概念」について勉強したいと思います
デジタル写真を扱う上で、やはり基礎から正しく理解することが重要と考え、デジタルカメラの画像生成と撮影後のワークフローについて詳しくお話ししたいと思います

こうしたデジタル画像生成の基本をおさらいした上で、DIGITABLEの講座の中では画像を扱う上での保存形式の特徴や、画像サイズなどについても触れてみたいと思います
特に画像解像度については、実際にPhotoshopやElementsを使ってのサイズ変更、各RAWソフトでの現像時のサイズ変更についても詳しくお話したいと思います

お問合せは
www.digitable.info

カメラコントロール、Eye-Fi、Wi-Fi画像転送

3月 3rd, 2014

「カメラコントロール、Eye-Fi、Wi-Fi画像転送」など、デジタル撮影時の画像確認テクニックについて勉強したいと思います
デジタル撮影フローの決め手は“いかに確実に画像確認するか、効率的にデータを移動して利用するか?”にあります
特に画像データの移動については新しく「転送による利用」がトレンドになってきました

これらの画像転送機能のメリットは、どこでも快適な画面で撮影画像が確認できるのはもちろん、転送した端末から即座に画像を発信してリアルタイムに利用できることにあります
携帯のカメラとは一味違う一眼レフならではの画像を、撮った直後にそのままFacebookやTwitterにアップしたり、仲間とシェアすることができるのです

お問合せは
www.digitable.info