Archive for 8月, 2008

Adobe からのBad News! Photoshop Elements 7

火曜日, 8月 26th, 2008

今日、Adobe社からの一通のメールによる案内があった。
本日発表!新バージョンPhotoshop Elements 7 & Premiere Elements予約キャンペーン実施中!AdobeR Photoshop Elements 7では、写真全体または特定部分の補正がこれまで以上に簡単に行えるようなりました。また、写真合成ツールやガイド付き編集機能もさらに充実。あなたの写真を最高の見栄えに仕上げることができます。…とある。ついに来たか!? 怖れていた(怖れてもしょうがないが)バージョンアップである。しかもElementsではバージョン5、6、7とほぼ一年ごとの更新であり、いささか早すぎて迷惑 といいたところが本音である。

怖れていてもしょうがないので、もう少し内容を読んでみよう。

>Photoshop Elements 7 & Premiere Elements 7では、プロ並みの写真やムービーが驚くほど簡単な操作で作れるようになりました。今までにないクリエイティブな作品作りにチャレンジしてみませんか。
アマチュアには結構だが、こちら(プロ)には堪らない。>見たい写真をすばやく探せる、テキスト検索ボックス
見たい写真を探すのに苦労したことはありませんか?Photoshop Elements 7に新たに追加されたテキスト検索ボックスを使えば、名札や日付、キャプションなどの情報をキーワードとして入力するだけで、目的の写真が瞬時に見つかります。撮りためた写真をすべて取り込んでおくだけで、どんなに大量の中からでも、見たい写真をすぐに探し出すことができます。
>迷わず試せるステップバイステップの操作ガイド

ごみの除去や明るさの調整を行いたいけど、どうすればいいかよくわからないときはありませんか?Photoshop Elements 7は、写真の補正から特殊効果の追加まで、操作方法をステップに沿ってガイドしてくれるので、やりたいことが迷わず試せます
元々おせっかいだったブラウザや不用なガイドがますます調子に乗ってきた感じか?>なぞるだけで目を見張る特殊効果、スマートブラシ
特殊効果を選んでブラシでなぞるだけで、あっという間に楽しい写真を作れます。用意されている特殊効果は色調の調整から多彩なテクスチャまで50種類以上。ワンランク上の写真を作成することができます。
>ポートレートもプロの仕上がり、ぼかし(表面)
エッジやディティールを際立たせながら、被写体の表面をソフトに仕上げるぼかし(表面)フィルタが新しく加わりました。手軽にプロ並みのポートレート写真を作ることができます。
なんだかプロには居た堪れない感じだ。
>撮影ミスをワンステップでカバー、タッチアップ補正
歯を白くしたり、空を青くしたりといった、今まで何ステップも必要だった修正作業が、1度のクリックやブラシ処理で可能になりました。たとえ撮影ミスがあっても、数秒でカバーして思い通りの写真に仕上げることができます。
>通行人や車を簡単に削除、Photomerge Scene Cleaner

通行人や車が入り込んでしまっても、Photomerge Scene Cleanerなら簡単に修正できます。同じシーンの写真が数枚あれば、動きのある被写体でもブラシをなぞるだけで消し去ってくれます。まるで初めから写ってなかったかのような自然な仕上がりです。
これって策謀だろう? 堪らなくなってきたのでニュースのサイトはもう閉じてしまった。しかし、こんなのがユーザの求める方向なんだろうか?Googleのストリートビューとかも問題になっているが、人間性の哲学を忘れた小手先主義の技術革新が横行していくのには疑問を抱かれずにはおれない。
今日は頭に来たのでモウ寝るが、いったい世間からどのような反応が出るのだろう?そういった部分が唯一楽しみ、といった情けない心境である。

「デジタル画像の特徴」明日からのPENTAX 講座の予習中

木曜日, 8月 21st, 2008

ということで明日からのPENTAX での「PhotoshopElements6 講座応用編」の開始に備え予習している。
前述のように新たな“教材入手” は不首尾終わったので、『今回も、前回同様の教材写真で行きま~す』と前日担当のN さんには伝えた。昨年秋から始まった動講座では全てアシスタントを務めていただいているのでベテランコンビということになるが、もちろん筆者よりずうっとずうっと若く(言うまでもないか)キビキビと機転も利くPENTAX FOCAL きっての才媛である。
加えてたいへん勉強熱心なので、もしかするとPhotoshopElements に関する知識は講師である筆者を凌駕しているかも知れない。そんな訳で講師の責任を果たすべく予習である。
三日間の講座の冒頭、本ブログでも以前述べた「デジタルカメラはどう写るのか?」について述べようかと思うが、どこかでこの1 ~ 2 週間気になっている「JPEG とRAW の撮影フローの違い」について述べてみようと思う。
「JPEG とRAW の撮影~調整フロー …JPEG とRAW の撮影からの本来の手順を思い出しておこう!」などという感じか?
JPEG 撮影の場合は、シャープネス・サイズ/ 圧縮率などを事前に決めた上で(階調設定や色空間も事前事項か)、撮影時には露出とホワイトバランスに注意を払って撮影し、撮影後のデータには補正などの手を加えないのが基本。撮影時に全ての設定において完璧を目指し、撮影後に手を加える必要がないように追い込む、調整はしたとしても最小限に、最適カットをセレクトするのが、JPEG 本来の使い方ともいえる。
反面RAW データの場合はJPEG の事前決定事項は全て後処理でも構わない。逆に言えばRAW データを使用することによって判断が難しい現場でのミスを減らし、最終的な品質をより高めることができる。
撮影時に留意するべき点は露出のみだと言っても良い。
これらのこと「画像処理講座」だからといって何でもかんでもゴチャゴチャにならないよう、今回は特に留意を払いたいと思う。

…果たして上手くいくか?

大和路の撮影で思ひしこと

水曜日, 8月 13th, 2008

「JPEG の撮影ブラケティング」

盆前に奈良、天理~明日香 と久しぶりにプライベートな撮影行に出かけてきた。
今月後半から始まるPENTAX での「PhotoshopElements6 講座応用編」の作例写真の“仕入れ” ということもあってカメラはK100D Super1 台、レンタル自転車の前カゴにバックをつっこんでの気楽な撮影である。
今度は講座の調整練習用の教材入手が目的であるからほとんどがJPEG 撮影、しかもソフトでの調整の余地を残したコマを得るのが目的であるからカメラ側でのブラケティング撮影と前回ブログに記載したのとはまるで逆の撮影となった。

結論から言うと、これが実に楽しい!

撮影地が侘び寂び溢れる大和路ということもあいまって、PENTAX のカメラ特有の画質に見事にマッチ、撮影後に下手な画像処理の入り込む余地のない上がりであった。

IMGP0040_1.jpg IMGP0040_2.jpg IMGP0040_3.jpg

IMGP0082.jpg IMGP0082_1.jpg IMGP0082_2.jpg

作例はいずれも前後一段という大胆なブラケティングを使用しているが、BROWSER 上で展開してちょうどポジを判定するがごとく、久々に楽しい前別作業が行なえた。筆者の思うところそれぞれのコマに単なる適正露出の概念を超えた味わいがあり捨てがたい。ましてや(被写体とカメラのマッチングにもよるのだろうが)この後、姑息な調整などこの味わいを超えられるはずもない。考えても見れば、これこそ(=カメラ設定と露出に注意を払い、後工程の画像処理をしない)JPEG 撮影の醍醐味であろう。
ということでPENTAX のカメラと画づくりに感謝といったところであるが、肝心の画像調整用の教材作りにはまったく不首尾な結果となってしまった。
…世の中は上手くいかないものである。

トリミングの問題「メニューカレンダーの制作から」

金曜日, 8月 1st, 2008

当社の新商品でもある「カレンダー館」の制作が始まった。
今日は食べ物やさんのカレンダーの見本作り、トリミングの問題について改めて思うので記しておく。
この企画は通常のメニュー撮影の画像の転用で、頁モノのカレンダーを作っていく提案だが「写真の掲載サイズによってかくも違うものか?」というのがよく分かる。
通常配布用のメニューでしのぎを削っている業界では限られたスペースに「少しでも多くの商品を」と求められ、我々カメラマンも「小さい掲載サイズでも、分かりやすい写真を」と思うのだが、元来人間の欲求には食べ物ならその使用時のサイズ=食べるサイズで見ることが一番好ましい。
「食べるサイズ」というのは難しいが、出来れば原寸大… いやそれ以上である。
あまり論じられてないが、これは食べ物が遠くにあると、それほど食べたい欲求は起きないが、目の前のお膳にあれば食べたくなり、端で口の前に突きつけらられれば「食べるな!」と言われても思わず食べてしまう。という人間の愚かな生物的本能を考えてみればよく分かる。(その距離になれば「食べるな!」と規制された方がより食べたくなる?よって食べられない写真は、大きいほうがいっそう効果的☆となる?)
筆者の持論ではこの距離感は食べ物の放つ匂いの伝播力にもよるところが大きく、例えば鰻はかなり遠くからでも匂ってくるのでそんなに大きくなくてOK、焼肉系もこれに準ずる。(=近すぎると満足してしまう)
蕎麦系は距離感が多様でカレーうどんなどはかなり「引き」に強そうだし、鴨・肉などの南蛮系は中間距離、掲載のおろしそばなどは近距離系だろう。
寿司などは近距離系の最右翼でどんなに高級な寿司でも通常のメニューのサイズでは蝋細工の見本とあまり変わりなく、唇に触れんばかりのニアミス距離がよろしかろう。
これはこれらの食べ物が固有にもつ適切な“鑑臭距離” によるもので、素材の優劣はともかく調理や撮影の職人技術レベルは軽く超えるところにある。厳然としたこの理論に料理でも学術分野でもいっこうに関心がなされないのが嘆かわしい限りだが、先端の研究とはそのようなもので当研究所では今後もその深遠なテーマに取り組んでいくものとする。

あっ、鰻屋は別か?…

DSC_3407.jpg  DSC_6708.jpg DSC_6708_2.jpg